スタッフの徒然日記


by shusaron

ビールの神様

ワインの神様といえば、ギリシャ神話の「バッカス」こと酒神ディオニュソス。

日本酒の神様といえば松尾様。 (参拝しておきましょう)

ビールにも神様がいます。その名は「ガンブリヌス」陽気なこんな方↓
f0063651_20112783.jpg

カール大帝のお抱え醸造家とも、初めてホップを使った人とも言われてますが、

実在の人物か、言い伝えの神なのかは定かではないそうです。

古酒も良いですが、猛暑の中「ビール」も飲めることに感謝しときましょう。

酒茶論にも、ならではのビールがございますよ。

長野の麓麗人酒造さんで造られる地ビール「諏訪浪漫」

日本酒蔵だからこその決め細やかさが際立ちます。

くろゆり(スタウト)、りんどう(アルト)、しらかば(ケルシュ)
すずらん(オリジナル)の4種類(ボトル¥1000)
f0063651_2020396.jpg


古酒の前に、この夏定番のスタートとして好評ですよ!

にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
# by shusaron | 2007-08-11 20:36 | トピックス

出荷が始まりました

2007年、初出荷です。

といってもお酒ではなく「梨」。
f0063651_2201536.jpg

あたしの居住地周辺には梨畑が一面に広がり

春は可憐な真っ白な「梨の花」。夏には実がなる。

公私共にお世話になっているTさんの畑は

選定もよそとはちと違い、木と木の間隔もやや広め。

雑草も生えている。ものぐさなのでは無く、農薬が使われていないと思われる。

そのまま食べても抜群に美味しいが、のんべのあたしは

梨(今はコウスイ)をひと口大に切り、ピューラーで薄くスライスした

パルメザンチーズと一緒にやるのがお気に入りだ。

洋なしであわせるのがポピュラーだが、日本の梨でもいける!

白ワイン、日本酒、古酒には格別にあう!

このTさんの梨はお盆明けに出荷が始まる「豊水」が真骨頂。

地元民しか知らないのでは?と思わせる究極の梨だ。

今年は酒茶論でも使ってみようかな?




にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
# by shusaron | 2007-08-10 02:32 | 酒茶論日記
食品総合研究所さんの発表によると

DNAから日本酒の原料米や

ワインの原料ブドウ品種が解かるようになったそうです。

輸入される日本酒?を見受ける昨今

この技術によって期待できる事がいろいろとあるようです。

にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
# by shusaron | 2007-08-09 16:03 | トピックス

「大人のOFF」本日発売!

本日発売の「大人のOFF」に酒茶論が紹介されています!

テーマは 「今、国産のお酒が熱い!」

その中で古酒、酒茶論のお話しが掲載されています。

古酒に限らず、面白いお話しが満載です。

にほんブログ村 酒ブログへ

f0063651_2215775.jpg

[PR]
# by shusaron | 2007-08-06 03:16 | トピックス

高輪にも盆踊り

東京都心にも夏は来る。

そして盆踊りもやってくる

品川「酒茶論」の真裏、品川プリンスさんにやってくる。

毎年、社員の方々が運営をされていて、なかなか活気がある

太鼓の音が「どんどん」と響きわたり、風情があって良いものだ。

蒲田在住の西村さんが、写真を取ってきてくれた。

f0063651_222272.jpg

西村氏 「やぐらの周りをぐるぐると、盛りあがってましたよ~」

その時、私は酒茶論の中央にあるセンターテーブルの周りを

ぐ~るぐる ・・・。 一人酒茶論音頭でヨイヨイヨイ。

「た、たっ、楽しそうだね~ " " "」

西村氏は目が点に・・・

繁盛結構!お祭り結構!夏は始まったばかりである!

来年は、下町の貴公子「上野熟長」!一肌脱いでくださいよ!


にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
# by shusaron | 2007-08-05 01:53 | 酒茶論日記

竹馬の友

先日、親友と久しぶりに酒を交わした

こうして会話を交わすのは何年振りであろうか?

かれこれ出会って25年? 当時は空前のバンドブーム

バンドエクスプロージョンなんてご存知だろうか?

マルコシアス・バンプやTHENEWSは元気だろうか?

青春時代、バーボンやテキーラ片手にライブハウスを

巡礼していた田舎町のロックスターが目の前で

厚揚げをつまみにチューハイを割り箸でグリグリ回す

いまや普通のおっさんだ・・・

20年前はどうだこうだ、15年前のあの時に何だかんだと

くだらない話が続いた時に、友人が一言

「こんな時にお前さんとこの古酒があれば話がはずむんじゃないの~」

( ・・・・なにやってんだか、わたしゃー・・・ )

皆さん、旧友との再会や帰省の際の手土産に古酒を忘れずに・・・

右手のお役立ちサイト「年表」からピンポイントで選べます。

古酒は意外な活躍をしてくれそうですよ・・・

トホホ


にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
# by shusaron | 2007-08-04 02:48 | 酒茶論日記

酒茶論 お料理メニュー



酒茶論のフードメニューが一新いたしました!

かる~いおつまみから、お食事までご用意しております。

ご希望のご予算、ご要望がございましたらご予約の際お申し付けください。
メニュー以外のものでもアレンジいたしますのでお気軽にご連絡ください。 
TEL 03-5449-4455 (14時~)
[PR]
# by shusaron | 2007-08-01 01:42 | お店のご案内

酒豪たちの足跡

上野駅、新幹線ホームでの1コマ

ゴミ箱の前に空き瓶が置いてあった・・・

「中に捨てれば良いのに」と思って見たら

入らないから置いてあるのであった・・・

ゴミ箱が満杯な訳ではない。

直径が大きすぎるのだ!
f0063651_18202886.jpg

銘柄と、このホームから察するに

新潟からの1時間程度、何人でかは知らないが

旅の道中、おいしく召し上がったようだ。

いろんな形で日本酒の活躍を確認できるものだなあ~。

この方々がどうだったかは分かりませんが、

公共マーナーは守って、おいしくいただきましょう!

楽しいお酒は心を豊かにしてくれるはずです!


にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
# by shusaron | 2007-07-31 18:28 | 酒茶論日記

鰻にあわせるお酒は?

本日は 土用丑の日
f0063651_24150100.jpg

諸説あるが、江戸時代、流行らない鰻屋が平賀源内に相談し

夏の丑の日に「頭にうの付く物を食べると夏バテをしない」という

言い伝えにヒントに「夏の土用丑の日に鰻を食べて栄養を付けよう!」と

始めた販促活動?がキカッケらしい。

うどん屋さんや、ウズベキスタン料理屋さんが先に相談していたら ・・・

ところで鰻に合うお酒はなんでしょう?

蒲焼でも、山椒煮でも鰻の力強さには「樽酒」が良いかな?と

それと15年物位の錬れた古酒もバッチリよく合います。

鰻の脂ッケや旨味にバッチリなのですが

鰻に限らず、タレ物には非常に良く合うのでお試しを!



にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
# by shusaron | 2007-07-30 02:03 | 酒茶論日記

初呑みきり

この時期、日本酒愛飲家の楽しみといえば、

初呑みきり ではないでしょうか?

「のみきり」といっても全部飲み干すと言う意味ではありません・・・

冬に仕込まれタンクに貯蔵し管理されたお酒の状態、熟成具合を

確認する為に封印されたタンクの口(ここを呑みと言います)を切ります。

それで「初のみきり」。今年のお酒の出来栄えをはかる

それはそれは、大切な行事(造り手も、飲み手も・・・)

力強くて元気なこのお酒が出回る頃、我が家の近くの清流には

源氏ボタルがやってきます。(そりゃーすごい数です)

f0063651_22334757.jpg

(明るくすると逃げるので、こんな画像しかありませんが・・・)

今日みたいなジメジメした日には良く見えます。

ほたる鑑賞をした後に呑みきりをやるのが、

この時期、楽しみで堪らないわけであります。


にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
# by shusaron | 2007-07-28 22:36 | 酒茶論日記