スタッフの徒然日記


by shusaron

<   2006年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

杉玉 「酒琳」のお話

f0063651_4172922.jpg酒蔵を通りかかったり、見学した事のある人なら見た事があるはずのこの玉。        酒蔵なら必ず軒先などに吊るしてある     “杉玉”と呼ばれるものです。   
新酒が出来上がる頃になると青々とした杉玉が用意され、お酒の熟成が進むのと合わせるかのように茶色く色づいていきます。         

古来、酒蔵の看板として杉の葉を束ねて軒先に吊るし、その年の酒造りと酒造の神のご加護を願う風習がありました。これを  
“酒琳”(さかばやし)と言って、後に球状に造られたことから「杉玉」と言うようになった      ようです。

f0063651_493956.jpg酒の神様の御神体である杉からは昔から”酒おけ”など酒周りの道具も造られていました。先人の知恵から天然の成分が良い効果をもたらすことも知りえていたのでしょう。  

各地の酒蔵に杉玉が出揃う頃です。 今年はどんな日本酒が出来上り、どんな古酒に育っていくのでしょうか?

写真左は千葉大原木戸泉酒造の入口に吊るされた大きな杉玉
右は栃木島崎酒造の中庭に吊るされた新酒の上がりを知らせる杉玉


にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
by shusaron | 2006-02-27 04:34 | 酒茶論日記
いらっしゃいませ!ようこそ酒茶論へ!

今日は幸せ絶好調の新婚さん率いる団体様がいらっしゃいました。

第一声に、下戸でも楽しめる日本酒は?と若奥様、
正直返答に困りましたが・・・
実はあるんです、身体に優しく美味しくいただける日本酒!

当店ではオリジナルカクテルとしてアイスクリームを用いた
新しい提案させていただいています。
そのなかで、少し甘めで飲みやすく美味しいの!とのオーダーで
岐阜の達磨正宗58年を用いたアイスカクテル古酒をおすすめしたところ・・

想像以上のご評価!
「古酒とアイスってこんなに合うんだ!、これはデザート感覚で美味しいね!!」とのご感想。

お客様のご満悦のその笑顔とこの一言を聞いた途端思わず「私も幸せ!」
と終始にやけていました。
新しい日本酒のスタイル、まだまだ未知なるものを秘めています・・。
これからご一緒に発掘、ご堪能していきませんか?
[PR]
by shusaron | 2006-02-22 04:44 | 酒茶論日記
f0063651_3342290.jpgまだまだ寒い日が続きます
やや強めの酸味とほんのりとした甘みが広がるまとまりのあるお酒
お燗も美味しい燐とした古酒です

1994 田 从(たびと) 山廃純米吟醸 
              グラス ¥1155
こちらも仲間入り
2000 朝の舞 大吟醸 グラス ¥840

にほんブログ村 酒ブログへ  ここもクリック!
[PR]
by shusaron | 2006-02-21 03:36 | 酒茶論日記

お燗のはなし

f0063651_3133022.jpg
体の芯まで冷え切るような寒さの日には、「燗酒でちょこっと温まってこ」
なんて声をよく聞きます。
たしかに体はぽかぽかと暖まりますがお酒の温度だけが理由ではありません 
口当たりも滑らかに、柔らかに、
ゆったりと酔いを身体にめぐらせ、身も心も優しく包みこみ
あの独特のほんわかとしたあったかさをかもし出してくれています
酔いも早くて抜けも早いのがお燗の特徴ですので、飲むペースも
古酒同様に掴みやすいです
  
冬だけ楽しむ季節品のように思われるかも知れませんが   
お燗酒の魅力の本質は、お酒に眠るうまみを引き出してくれる事にあるのです   
新酒を少しだけお燗してあげると非常にこなれた味わいがひろがります   
新酒なのに一冬越えたかのような落ち着きある味わいが楽しめます

古酒とお燗酒は、非常に近い関係にあります
常温で長い時間かけて熟成させた古酒にたいし、人工的に時間を短縮させ
酸味をうまみにかえたのがお燗酒と言えるでしょう (古酒の色、味、香り、
豊かさは別として・・・)

じつは、古酒もお燗をつけてあげることによって新たな横顔を見せてくれます
ただし、一昔のような嫌なアルコール臭を飛ばすためにするような熱燗は厳禁
ほんの少し人肌までにつけみてください
日本人でよかったなぁ とほろ酔いかげんで癒されることでしょう

酒茶論では写真の湯銭を使って燗をつけていきます
冷からお好みの燗になるまで変化を楽しめますし、何より、
立ち上る湯気と優しい炎が風情があってよいと評判です

にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
by shusaron | 2006-02-16 03:27 | 酒茶論日記

今日はバレンタインデー

f0063651_46658.jpg義理チョコは別として本命のチョコはもう決めましたか?実は古酒とチョコレートって相性抜群なんです。オレンジピールの入った大人なチョコと古酒の深みのある味わい・・酒茶論でも古酒とチョコのセットを常時ご用意しております。甘いものが苦手なあの人にも、古酒と合わせればきっと喜んでもらえるハズ!今年のバレンタインは何かが違う?!
私は当日お店だけど・・・
[PR]
by shusaron | 2006-02-14 04:08 | 酒茶論日記
f0063651_5305369.jpg2005X'nasからさかのぼる事10日前、
お店の裏手にイルミネーションが現れた!        なかなかこれが優れもので、カウンターに座ると    ちょうど目線から伸びて行く配置           青い光に包まれながら、楽しそうに坂を行き来する人々をのんびり眺めて古酒を飲むなんてちよっとオツ
f0063651_5312960.jpgまるで「酒茶論」のために用意された・・・   かのようなこの光のアーチは、       いったいいつまであるのだろう?        X'masは過ぎ、年越しカウントダウンは    とっくに終わり、正月ボケも解けた。      「さてはバレンタインデー ・・・ 」と要らない心配をしていたが、どうやら答えは別物だ

f0063651_5443543.jpg坂を登りきったところにある水族館「品川アクアスタジアム」のアプローチになっていて、映画館やボーリング場も隣接されており、訪れる人々の期待を高めてる、おまけにこっちも高まっちゃってる
冬のイルミネーションは本当にキレイ      淡い灯りを肴に古酒を当分楽しめそうですよ
[PR]
by shusaron | 2006-02-13 05:51 | 酒茶論日記
f0063651_452033.jpg
千葉・御宿から2種類の古酒が届きました

1975年に造られたこの古酒は
エレガントにしてエクセレンス?!
JALファーストクラスのサービスドリンクとして
日本を代表するお酒として
世界を飛び回っていました

1975 大吟醸古酒 グラス¥2100 大吟醸

こちらも仲間入り
1982 一段仕込み グラス¥1995 純米

古酒ナビの蔵元紀行でこちらの酒蔵さんをご紹介しております
[PR]
by shusaron | 2006-02-13 05:00 | 酒茶論日記
日本酒の古酒を初めて聞いた、知った、見たと言う方々へ、
まずはお試しを!酒茶論オススメのお試しセットをご用意致しました☆
(セット内容は週替わりで酒茶論からセレクト!)

f0063651_728319.jpg
Aセット ¥1260
タイプの違うお酒を3種類お楽しみ!

Bセット ¥1890
Aセットより、より熟成年数深い
古酒を楽しめる3種


Cセット ¥1890
1975と2006年に造られた
同じ銘柄の新酒と古酒の飲み比べ(千葉 木戸泉 AFS)

f0063651_733172.jpg
    Dセット ¥2415
   同じ銘柄だけど製法が違うと熟成も違う
  純米大吟醸 純米 本醸造の3種の飲み比べ
    (福島 末廣酒造 流転)

    Eセット ¥3150
    同じ純米酒の5年もの、10年もの
    35年ものの、年数による飲み比べ
                    (石川 福光屋 百々登勢)
[PR]
by shusaron | 2006-02-09 07:35 | 酒茶論日記
軽快で滑らかな味わい 
1988大吟醸 天寿 秘蔵酒  ¥2,100 秋田 天寿酒造 
1993大吟醸 菊の司 清冽    ¥840 岩手 菊の司酒造 
2002 本醸造 龍力 熟れ酒    ¥735 兵庫 本田商店 
 

まろやかで芳醇タイプ
1985純米    越冬譜    ¥1,575  長野 麗人酒造
1996特別純米 奥の松      ¥840  福島 奥の松酒造            2000大吟醸  朝乃舞       ¥840  秋田 舞鶴酒造
   

ふくよかで濃醇
1969       老琥珀    ¥2,625   福岡 清力酒造  
1982純米    古 今     ¥1,575  千葉 木戸泉酒造 
1988     達磨正宗十年   ¥1,260  岐阜 白木恒助商店


ちょっと変わった古酒
1995純米    江戸仕込み    ¥945  鳥取  千代むすび酒造   
2001全麹純米悠久の眠り    ¥840  福井  南部酒造場  
2001全麹純米樽熟成       ¥893  佐賀  天吹酒造
  
etc... (グラス売りです)
[PR]
by shusaron | 2006-02-09 07:04 | 酒茶論日記

各地の珍味

岩手県      ばくらい(ほやとこのわたの塩辛)     ¥683
秋田・京都    燻りがっこと桃山大根の糠漬け      ¥630
山形県       あけがらし(芥子糀に麻の実の自然食) ¥683
石川県      巻きぶり(寒干しぶりの荒縄まき)     ¥683
石川県      ふぐの子糠漬け(金沢だけで作られる超珍味) ¥840
石川県      ふぐの肩筋(ふぐの肩身を糠漬けにしたもの) ¥630
静岡県      かつおの角煮(マスカルポーネチーズを添えて) ¥630
静岡県      浜納豆(徳川家康も愛した糸をひかない納豆)  ¥315
岐阜県      燻り豆腐(堅豆腐を朴葉味噌に漬け、軽く燻製)  ¥683
兵庫県      梅干の燻製(兵庫の山奥のおやっさん手作り)    ¥420
香川県       しょい豆(小豆島の醤油と讃岐のそら豆の)   ¥525
熊本県      豆腐の味噌漬け(山うにといわれるほど濃厚)   ¥683


      
           本日の地方珍味3種の盛り合わせ  ¥1,575
[PR]
by shusaron | 2006-02-09 05:32 | 酒茶論日記