スタッフの徒然日記


by shusaron

カテゴリ:トピックス( 15 )

銀座発!酒造米

ひと、一人分のスペースが何千万円もする場所。

それが「東京、銀座」。

この地から、日本酒が誕生しようとしています。

日本農業新聞さんによると、来春には試飲ができるそうです。

セレブな街のセレブな日本酒どんなお味になるのでしょうか?


にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
by shusaron | 2007-08-14 16:19 | トピックス

ビールの神様

ワインの神様といえば、ギリシャ神話の「バッカス」こと酒神ディオニュソス。

日本酒の神様といえば松尾様。 (参拝しておきましょう)

ビールにも神様がいます。その名は「ガンブリヌス」陽気なこんな方↓
f0063651_20112783.jpg

カール大帝のお抱え醸造家とも、初めてホップを使った人とも言われてますが、

実在の人物か、言い伝えの神なのかは定かではないそうです。

古酒も良いですが、猛暑の中「ビール」も飲めることに感謝しときましょう。

酒茶論にも、ならではのビールがございますよ。

長野の麓麗人酒造さんで造られる地ビール「諏訪浪漫」

日本酒蔵だからこその決め細やかさが際立ちます。

くろゆり(スタウト)、りんどう(アルト)、しらかば(ケルシュ)
すずらん(オリジナル)の4種類(ボトル¥1000)
f0063651_2020396.jpg


古酒の前に、この夏定番のスタートとして好評ですよ!

にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
by shusaron | 2007-08-11 20:36 | トピックス
食品総合研究所さんの発表によると

DNAから日本酒の原料米や

ワインの原料ブドウ品種が解かるようになったそうです。

輸入される日本酒?を見受ける昨今

この技術によって期待できる事がいろいろとあるようです。

にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
by shusaron | 2007-08-09 16:03 | トピックス

「大人のOFF」本日発売!

本日発売の「大人のOFF」に酒茶論が紹介されています!

テーマは 「今、国産のお酒が熱い!」

その中で古酒、酒茶論のお話しが掲載されています。

古酒に限らず、面白いお話しが満載です。

にほんブログ村 酒ブログへ

f0063651_2215775.jpg

[PR]
by shusaron | 2007-08-06 03:16 | トピックス

純米古酒が一堂に!

千葉県はいすみ市、 木戸泉酒造 さんより

5代目ご引率のもと、山田錦で仕込まれた20年分の古酒がご到着。

f0063651_20141530.jpg

2001年からさかのぼり、香り、味わい、色調の変化を利かせて頂きました。

熟成年数ごとに表情が違い、あらためて古酒の醍醐味を感じました。

旨みののった古酒が、これだけ並ぶと実に圧巻です。

5代目もご自信のブログ用にパシャリと撮影中。

それを熟長がパシャリ。

f0063651_22224797.jpg

面白ので私もパシャリ・・・・

造り手までもを魅了する、この古酒のリリースが楽しみです。

にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
by shusaron | 2007-07-27 22:27 | トピックス

中越沖地震

「酒の一滴はOOの一滴・・・」

と、よく例えられる程酒造りには(他のものもそうでしょうが)

時間が費やされ、魂が込められている。

中越沖地震発生から、1週間。

様々なニュースが飛び込む中、酒蔵さんの被害状況 が届けられた。

無念極まりない。

そしてここにも、昨年災害に見舞われた蔵元さんの古酒がある。

火災に見舞われ、蔵は全焼・・・ 奇跡的に生き残ったお酒がこの古酒

当時蔵に人はおらず、(喫煙者もいないそうです)

火元は漏電によるもの。(野生のアライグマの仕業のようである)

蔵と殆どのお酒を失いながら、一年たった今

この古酒に蔵の再建を託している。

蔵の信念、技術の確かさが生き継ぐ芳醇な古酒

私たちが出来ることは何だろう?

品川酒茶論では、グラス売りを始めさせていただきました。

サイトでも近く、ご紹介を開始いたします。

みなさん、共に蔵の再建の路を歩みませんか?

そして確かなお酒の素晴らしさを広めて行きませんか?

f0063651_23353457.jpg





にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
by shusaron | 2007-07-22 23:36 | トピックス
今年も 発泡日本酒 が好調です!

f0063651_1248574.jpg

今年は岡山の泡々酒(ホウホウシュ)。

お米だけで作った、アルコール度数控えめな発泡日本酒で

夏にピッタリ爽やかライト感覚なお酒です。
f0063651_12544078.jpg
お店では、最初の1ッ杯として好評で、 週末の昼下がりには

テラス席で爽快に召し上がっていらっしゃるのが印象的です。

この夏、是非お試しを!(1本 ¥1,000)

*ボトル売りでご用意いたしております。

にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
by shusaron | 2007-07-09 13:00 | トピックス

サイダー

歴史の年号や電話番号を

語呂あわせで記憶する人は少なくないと思われます。

最近特に頭に残って離れないのが

東京は足立区の劇場 「シアター1010」

我が「せんじゅ」北千住にある施設の名前。

丸井(OIOI)の中にある事がパンチの効いたネーミングに一役買っている!

それに、「南青山291」

こちらは南青山にある「ふくい」県の物産館。 291ね!(ニクイネ・・・)

負けじとこの夏、満を持してお目見えしたのが 103サイダー

酒茶論でもおなじみの 天山酒造 さんが世に放つ

こだわりの大人のサイダー、「てんざん」サイダーであります。

開発には、同じ佐賀県小城市の「こどもびいる」の友枡飲料さんや

バーテンダーも開発に取り組んだ、こだわりのサイダーなのであります。

佐賀県外へは、これから発売開始との事ですので

わたしのこの夏、楽しみなドリンクとなりそうです。

酒茶論の夏の楽しみと言えば・・・・

にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
by shusaron | 2007-07-08 21:34 | トピックス

取材がありました

日経おとなのOFFさんが酒茶論を取り上げてくださいました。

取材内容は・・・
「今、日本の酒が熱い ~この夏一番旨い酒~」

和ブームという事もあり、国産のお酒も元気!

日本酒、焼酎、ワインなど、お勧め国産酒50ページの特集になるそうです。

8月6日発売の9月号に掲載予定ですので、皆様お楽しみに。

ちなみに「古酒について」逆取材をしたところ、
「風格、歴史があるお酒なのに、この味わいは気を張らずいただける。
ゆったり、のんびり楽しめますね。」とうれしいコメントを頂戴しました。


f0063651_21284629.jpg

上野熟長、熱弁中。

にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
by shusaron | 2007-06-29 17:00 | トピックス

モバイル酒茶論OPEN

最近「酒茶論」店内で、携帯をピコピコされる方をお見かけする。

けしてお行儀が悪いわけではございません。

それはなぜか?なぜピコピコか?というと

酒茶論サイトのモバイル版がOPENしたからである。

酒茶論店内に配置されているショップカードを

ご覧になったことはありますでしょうか?

お会計の際に、お釣りと一緒に渡されるあのカードを。

そこには、QRコードが記されており、(これです↓)

f0063651_225742.jpg


まさに今飲んでいる古酒の情報を取得できたり、

お気に入りならその場で購入できる仕組みになっているカード。

このカードがじわじわと浸透しています。

今後は、QRを使って色々な事を提案してまいりますので乞うご期待!

ちなみにこのカード、スタッフが一つ一つ思いを込めて作っています。

子供の頃に、内職のお手伝いをしていたことを思い出しながら・・・

店内で一番背が高い、主にカウンターに立つ人が担当です(こんな感じ↓)

f0063651_291758.jpg


カードを手にすることがありましたら、酒茶論のこと、古酒のこと、

そして、ちょっぴりこのスタッフのことを思い浮かべてみて下さい!

にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]
by shusaron | 2007-06-28 02:16 | トピックス