スタッフの徒然日記


by shusaron

あけがらし

約1ヶ月ぶりのブログとなります渡部 正志です。


さて今回はお店「酒茶論」で扱っているフード、料理のご紹介をします。

長期熟成日本酒バー酒茶論では各地の珍味を取り扱っています
(もちろん珍味以外の料理もありますよ)

ほとんどの方が聞いた事も食べた事のない珍しいものだらけですが、

お酒の「あて」にはもってこいの味です!

例えば「ばくらい」「豆腐の味噌漬け」「ふぐの子ぬか漬け」「あけがらし」etc

簡単な説明です

ばくらい」 岩手県
ほやと海鼠腸(このわた)の塩辛
人気の珍味。これを期にホヤを食べ始める人も多いです。

豆腐の味噌漬け」 熊本県
お豆腐を麹味噌に半年漬けたもの
チーズのようなコク、旨み。はまります!

ふぐの子ぬか漬け」 石川県
ふぐの卵を1年間、塩漬けにして2年間、ぬか漬けにしたもの
これで毒素が抜けるなんて、自然の力は不思議!

あけがらし」 山形県
作り方、門外不出


(゜o゜)っん!?門外不出!?

そう言われると知りたくなっちゃいますよね


っと言う訳でちょっと調べてみました。( ..)φメモメモ

f0063651_11293417.jpg

原料は米麹、芥子(からし)、麻の実 生絞り醤油、三温糖

お味噌の仲間になるそうです、

お味噌ということは発酵食品なので

要するには菌類の力を借りて

美味しくなっているのですが、原料の芥子がくせ者

芥子やわさびなどには菌類の動きを止めたり、

死滅させてりという効果があるらしく

美味しくさせる菌類達も旨く働かなくなってしまう


という事で、その製法が門外不出ということでした。

先日この「あけがらし」がTVで紹介されて

手に入りづらい状況らしいので興味のある方は

酒茶論で試してもてはいかがですが?

ちなみに日本酒も菌類の力を借りて雑菌の駆除やアルコールを作っています。

自然のちからは絶大ですね!

にほんブログ村 酒ブログへ   清き、 熱い一票が明日の活力です!☆ 
[PR]
by shusaron | 2006-11-27 20:22 | 酒茶論日記